シャインマスカット農家が教える!手作りぶどうジャムの作り方

戸田果樹園特性

手作りクイーンベリーAジャムの作り方

こんにちは

 

戸田果樹園です。毎年ぶどうの加工用に悩まされておりました。

日持ちもあまりしないそこでジャムを作ってみたらと知人

アドバイスをもらいスタートしました。

 

ジャムのぶどうはどんな種類でもOK!

ただ黒ぶどうがおすすめです。例えばキャンベル、ベリーA、巨峰など

 

ぶどうの皮は廊下の原因となる活性酸素を抑える効果ありです。

皮と一緒にジャムを煮込むことで健康的な効果と良い香り濃厚な味わいがあります。

 

材料

クイーンベリーA3から4房約1k 水1.5カップ、グラニュー糖を450〜500gレモン汁

1/2個

 

作り方です。

 

①房からぶどうを外します。水洗いをして鍋に投入。水を1カップ加えて、レモン汁

250gのグラニュー糖を入れてあくを取りながら煮こみます。

②ぶどうが煮崩れしてきた火を止めて熱いうちに裏ごしをします。

 

③ 裏ごしして材料を鍋に再投入、水1/2カップを残りのグラニュー糖を入れて再び火を掛けます。

あくをとリながら、中火に煮詰めます。

とろみがついてところで出来あがりです。

 

 

 

注意

長期保存の場合、ジャムが熱いうちに煮沸消毒して瓶に入れて瓶ごと強火

20から30分煮た後水道水を当てて冷やします。

Follow me!

lineで問合せはこちら

ぶどうとぶどう狩りのお問い合わせはこちら