ぶどうは1.4億年前

100万年前氷河期でほぼ全滅。

一部生き残りが現在のぶどうのご先祖様。

大きく分けると

⑴欧州ぶどう

⑵米国ぶどう

⑶アジア野生ぶどう

欧州ぶどうの特徴

農耕を始めた1万年前には栽培されていました。

ワインの歴史は栽培より古く

土器の中で貯蔵していたらたまたま発酵しできたのがワイン。

米国ぶどうは病害虫の免疫をつけており

欧州ぶどうしか食べたことがなかったヨーロッパ人は米国ぶどうが口に合わなかったようです。

なので欧州ぶどうを米国で増産しようとしたのですが気候の違いと害虫にやられて全滅しちゃいました。

日本のぶどうのほとんどが欧米系のぶどうです。

19世紀以降本格的にぶどう栽培が行われました。

世界で生産されている品種は95パーセントがおうしゅつぶどう

世界の生産国ランキングは2013年のデータ

中国1155t

イタリア801t

アメリカ774t

スパイン

フランス

トルコ

チリ

欧米諸国では醸造用ぶどうや干しぶどうですが日本では生食用がメインです。

Follow me!

前の記事

ぶどうの栄養

次の記事

ぶどうの成長