ぶどうの栄養

ぶどうはつる性

幹や枝を支えるために垣根に誘引する必要があります。

植え付け位置や枝の場所などは自由です。

果樹は収穫まで時間を要しますがぶどうはその期間が短いです。

早ければよく年には実がなります。

高品質のぶどう生産

ぶどうは豊穣や繁栄の象徴と世界でされてます。

理由はぐんぐん伸びつるとたわわな実です。

愛媛県でも観光資源の一つとして注目されてます。

愛媛のぶどうがあるのも

先人たちが愛媛のぶどう農家さんや果樹試験場などで研究していただいた賜物でございます。

愛媛のぶどうも品種が豊富です。

世界では1万種類以上あるようです。

他のフルーツに比べると

房の形、果粒、色味、食味など非常に多様です。

香りはマスカットやラブラスカなどが代表的。

収穫まで早いのがぶどうの特徴。

早ければよく年に実がなります。

ほぼ全ての品種が自身で花粉を結実するので

受粉作業が必要ありません。

1本の木だけでも実がなります。

気候土壌の適応範囲が広い。

愛媛でも数は少ないですがぶどうは作りやすいです。近年温暖化の影響で、夜の温度が下がりにくく着色しにくいこともあります。

10度から20

北海道から沖縄まで栽培可能です。

挿し木で簡単に増やすことができます。

接木も簡単にできます。挿し木を土中に埋めれば簡単に発根します。

ぶどうの実の特徴

水分がたっぷり

高糖度

7月になると柔らかくなります。

種無し栽培が簡単にできます。

ジベレリン処理で種無しにできます。

硬度は品種で異なります。

甘みと果汁がたっぷり

糖度は17から25パーセント

果物の中でトップ

ぶどう糖と果糖が主です。

疲労時には体力回復になります。

素早くエネルギーに変わるためです。

アントシアニンやレスベラトロール、ポリフェノールが含まれており

老化防止は発ガン抑制になります。

カリウムやマグネシウムも含まれており

血圧上昇抑制や動脈硬化わ心臓病、貧血などにも効果があります。

Follow me!

前の記事

ぶどうの歴史

次の記事