ぶどうの成長

ぶどうの成長期間

人生から幼生期

花芽形成の能力は有さず、栄養成長のみ成木になり花穂を持つようになります。

幼木から若木

定植して4から5年は枝が積極的に成長。

生殖成長より栄養成長がさかん。

枝が伸び樹冠の拡大を図ります。

成木

定植6から7

盛果期になります。

若木の時に拡大した樹冠に枝を多く発生させて葉数を増やします。

この盛果期をいかに伸ばせるかが腕の見せ所です。

栄養成長と生殖成長のバランスが最もよく取れた期間です。

老木

ぶどうの寿命は数百年と言われてます。

実際愛媛のぶどうはそんなに長く栽培しないで舟

山梨に行ったら樹齢が100年ありそうなぶどうの木がたくさんありました。

樹勢の低下、果実の品質や収穫量も落ちます。

一般的には数十年で植え替えが推奨されます。

Follow me!

前の記事

次の記事

愛媛ぶどうの土壌と気候